Live Report

★公式Twitter★
https://twitter.com/pierrot_lmd


★Live Report by webロックマガジン BEEAST★
2010/8/9






2020年4月24日金曜日

廃墟の鳩とイマジン

昨年は10月に盟友ドクター田中が亡くなった。そして12月、自分の母親が永眠した。

以来、しばらくは悲しみや寂しさを紛らわすためか、ぼんやりとした現実の中を過ごしてきたような気がする。

しかし、新型コロナウイルスにより世界は激変し、一時的に収束しても、元通りの世界にはならないだろうと思うと、今後は、しっかりと現実を直視し理解し、想像力を働かせ行動する必要性が生ずるだろう。

そんな折、ふと聞きたくなった曲があった。

1曲は、ザ・タイガースが1968年に発表した「廃墟の鳩」
この曲は、いわゆる反戦ソングという捉え方で、それまでのポップでキャッチーで、ノスタルジックなタイガースの楽曲とは明らかに異質なものだった。

山上路夫さんのヒューマニズム溢れる歌詞。
後の「翼をください」や「虹と雪のバラード」の雛型のような村井邦彦さんの雄大なメロディは、この曲に託した熱い想いが伝わってくる。

だが、デビュー曲からの、すぎやまこういちさん(=タイガース)が好きだった自分は、この曲を後の加橋かつみさんの脱退や、音楽性の変化によってか勢いのなくなった終わりの始まりのように、勝手に位置づけしてたのかも知れない。

それまで、ザ・タイガースを聴く時に優先順位が高くなかった「廃墟の鳩」だが、この状況下においては一番心をとらえられる楽曲になった。

改めて、ザ・タイガースが音楽史において、いかに偉大な存在だったかを再認識した次第だ。


そして、もう1曲はジョン・レノンの「イマジン」
初期のビートルズや、どちらかと言えばポール・マッカートニーの音楽性に影響された自分であり、今までは大好きな曲ではあったが、現実離れした歌詞だと思っていた。今こそジョン・レノンの「イマジン」に託されたメッセージを真摯に受け止めたいと思う。

ユートピア的な世界を歌ったこの曲は、ともすれば宗教や経済社会を否定したように捉えられた部分もあるし、全人類が平和を望んでいるとは限らないけれど、ただ平和な世界を作りたいと思う人を
 「dreamer」「夢追い人」「夢想家」と言わせては、いけないなと思う。


今後は現実を十分に理解した上で「夢想家」になれたらいいかなと思う。

青木秀樹

2020年3月13日金曜日

ドクター田中追悼ライブのチケットに関するご案内

この度は4月18日のライブが延期となり
チケットお持ちの皆様に、ご迷惑おかけし申し訳ございませんでした。
ご購入いただいたチケットは10月25日(日)の公演に適用されます。

□チケット払戻しご希望の方
・ラママ店頭でご購入の方
電話連絡の上、15時から22時の間でご対応いたします。
ラママ電話番号:03-3464-0801

・ローソンチケットでご購入の方
払い戻し期間:3月21日(土) 10:00 〜 4月4日(土) 23:59
※払い戻し期間を過ぎますと払い戻しが出来なくなりますのでご注意ください。
チケットまたは各種手数料券を紛失または破棄されてしまっている場合は、
一切払い戻しができませんので予めご了承ください。


◎払い戻しのやり方
1.ローソン、ミニストップ店内に設置の「Loppi」の画面で「各種サービスメニュー」をタッチしてください。

2.『スポーツ/コンサート/演劇・ミュージカル・お笑い/会員向けサービス/ファンクラブ入会・継続』ボタンをタッチしてください。

3.『チケットの払戻し』ボタンをタッチしてください。

4.チケット券面記載のバーコード下の払戻し番号を入力して下さい。払戻し番号は16桁となります。

5.『○確定する』ボタンをタッチしてください。

6. 申込み券が発券されるので30分以内に申込み券とチケットをレジにてお持ちください。

払い戻しのやり方は下記からもご確認いただけます。

【お問い合わせ 】
ローソンチケット:0570-000-777 (10:00〜18:00)



2020年2月1日土曜日

ドクター⽥中 追悼ライブ

『We Loveドクター』

故ドクター田中を心より愛するミュージシャンが集結。
ドクター田中プロデュースバンド・客演参加など、
生前深い関わりを持つミュージシャンによるライヴイベントです。

日時:2020年10月25日(日)
場所:渋谷ラママ
チケット:前売3,000円+D/当日3,500円+D
開場:17:30
開演:18:30
出演:hirono with LOVE ME DO/ザ・グラマーパンクス
            灯り with HERSHEY's/ずがんぢ/DJ HISA

予約:ラママ店頭、及びローソンチケットは決まり次第お知らせします。
            バンド予約

2019年12月4日水曜日

2019年12月1日(日)

【Colorful Sunday】

場所:渋谷ラママ
チケット:前売3,000円+D 当日3,500円+D
開場:17:30
開演:18:30
出演:GOLD / ソウルスクリーマーズ / LOVE ME DO
予約:こちら
入場順:ラママ店頭→各予約→当日、招待
チケット発売(ラママ店頭):10月20日(日)15:00

ご来場ありがとうございました。

SE:Don't Rain On My Parade(JAPAN)

セットリスト
1.眠れぬロマンティック
2.愛の罪
3.BE MY BABY
4.TELL ME
5.レイラ
6.永遠のラブリーデイ
7.愛の夜間飛行
8.I’m Crazy fou you
9.この胸のときめきを
10.涙のラストキッス


2019年10月30日水曜日

さようなら、ドクター田中

すかんちのドクター田中が亡くなった。

 最後まで、謎めいた雰囲気の浮世離れした男だった。
出会いは、すかんちデビュー直後くらいかな。
すかんちは、新しい価値観を持つロックのカッコよさを、世に広めた功績が大きいバンドであり、その一端を担っていたのは田中の存在だとも思う。


そしてLOVE MISSILEのファーストアルバムや、デビューライブのサポートメンバーとしても参加してくれた。

しばらく「涙のラストキッス」悲しくて思い出して演れないじゃないか(笑)
すかんちが売れなかったら、間違いなく正式メンバー要請してたな。


その後も一緒に会社やったり、新人バンドのプロデュースしたり
お互い、さして気の合うそぶりもないまま(笑)
何だかんだと関わってたな。


レコーディングに車で迎えに行くと、約束の時間に毎回寝てたり
(途中から前倒しの時間で対処したが効果なかった)

会社から、芸能界の先輩に電話で猛抗議して冷や冷やさせられたり
(これは彼の正義感によるもの故、咎めることなくほっといた)

突然音信不通になったかと思えば、何食わぬ顔で現れたり
(当初は心配もしたが、次第に慣れてきた)

迷惑エピソードには事欠かないけど、嫌にはならなかった。


それは、自分のことは面倒くさがるのに人の面倒見は人一倍良かったり、何事にも動じない飄々とした佇まいが好きだったのと
「田中の音楽センスは最高」というリスペクトがあったからと思う。
特にアレンジのクオリティや、ポップスにおける遊び心の表現は得るものが多かったよ。


鍵盤の腕は普通だったけど(笑)決して間違いのない卓越した音楽センスと、自身のこと含め物事を客観視出来る判断力を、いつも頼りにしてたよ。


最近は、お互い別のことをやってたから、あまり話す機会もなかったけど、
多岐に渡る事柄で田中の忌憚のない物言い、もっともっと聞きたかった。
昔のことで文句も言い合いたかった。寂しいじゃないか。


最後に

「田中は仕事仲間というより、本当の友達だったような気がするよ。間違ったこと言わない田中に、ダサい!と言われないような活動していきたいな。色々付き合ってくれて、本当にありがとう。とことんロックな男ドクター田中、さようなら」


青木秀樹

2019年9月11日水曜日

2019年9月8日(日)

【GOLD returns!!!】

場所:渋谷ラママ
チケット:前売3,000円+D 当日3,500円+D
開場:18:00
開演:18:30
出演:GOLD / JOKER  / LOVE ME DO
入場順:ラママ店頭→各予約→当日、招待
チケット発売(ラママ店頭):7月20日(土)15:00

台風接近の最中、ご来場ありがとうございました。

SE:September in the Rain(Rod Stewart)

セットリスト
1.永遠のラブリーデイ
2.レイラ
3.情熱STORMY LOVE
4.BE MY BABY
5.Run for the Blue Roses
6.この胸のときめきを
7.I'm Crazy for You
8.Crazy Moon
9.眠れぬロマンティック

ゲストベーシスト
■りりぃ氏(1.2.3曲目担当)写真前列右
静岡県浜松市を拠点に活動するベーシスト

■なっぴ氏(4.5.6曲目担当)写真前列中
シンデレラリバティズの女性ベーシスト

■大谷正敏氏(7.8.9曲目担当)写真前列左
元LOVE MISSILEのベーシスト


2019年1月7日月曜日

2019年3月30日(土)

【Magical Night】

場所:渋谷ラママ
チケット:前売3,000円+D 当日3,500円+D
開場:18:00
開演:18:30
出演:Magical Sixx / LOVE ME DO /  Boogie the マッハモータース /  THE ZUTAZUTAZ

ご来場ありがとうございました。

SE:Boys Are Back In Town(Thin Lizzy)

セットリスト
1.永遠のラブリーデイ
2.愛の罪
3.I'm Crazy For You
4.LAYLA
5.恋のピエロ
6.情熱STORMY LOVE
7.眠れぬロマンティック
8.この胸のときめきを

2018年12月20日木曜日

2018年12月19日(水)

【chemical drive】


場所:渋谷ラママ
チケット:前売3,000円+D 当日3,500円+D
開場:18:30
開演:19:00
出演:La.mama Cocks / PAUL POSITION / LOVE ME DO

ご来場ありがとうございました。
2018年は大変お世話になりました。
2019年もよろしくお願いいたします。

SE:Difficult to Cure(Rainbow)

1.眠れぬロマンティック
2.LOVE ME DO
3.LAYLA
4.BE MY BABY
5.I'm Crazy For You
6.恋のピエロ
7.情熱STORMY LOVE
8.この胸のときめきを

2018年5月27日日曜日

西城秀樹さん

西城秀樹さんが亡くなった・・(以下一ファンの文章故に敬称略)あれ?影響を受けたはずの海外のロックスター、ジョン レノン、フレディ・マーキュリー、デヴィッド ボウイらが亡くなった時より、はるかに喪失感と悲しみを感じる。日本のスターだったから、身近に感じてしまってるのか?違うな、きっと生まれて初めて歌とスタイルで「心が躍る」感覚を教えてくれたのが、西城秀樹だったからだと自身で分析。


1970年代に入り、歌謡曲の世界に新たな風が吹いたのを、当時小学生だった自分は目の当たりにした。GSはリアルタイムではなく、ブームも短命だったため知らないまま、歌謡曲と言えば演歌やムード歌謡中心で大人の歌という感じだった。そこにスケールの大きなポップスを歌う、尾崎紀世彦が出現した。
尾崎紀世彦の「また逢う日まで」は、当時の最高権威であるレコード大賞を受賞し、このジャンルが市民権を得た年だった。当然、尾崎紀世彦の歌にも心躍らされたが、まだどこか大人の世界の話だった。尾崎紀世彦のお陰で、歌謡曲に興味を持った自分はテレビ、ラジオ、レコードで積極的に触れるようになった。


そして程なくして、西城秀樹が現れた。
西城秀樹の印象は細い・でかい・かっこいい、だった。だが野口五郎や郷ひろみほど人気は出ず・・。2曲目の「恋の約束」あたりから、メディア露出が増えた気がするが、まだマイナーな感じだった。
秘かに応援してた自分は、もどかしくもあった。5曲目の「情熱の嵐」でブレイクし、「ちぎれた愛」でレコード大賞歌唱賞まで受賞したのに、新御三家でただ一人紅白は落選。まだあのアクション過多なシャウト多用な歌い方は、NHKには認知されないのか? まぁいいや、年々かっこよくなるから自分は変わらず応援しようと思ってた矢先「薔薇の鎖」が発売された。マイクパフォーマンスもさることながら、グラマラスな衣装や楽曲、初期の西城秀樹の完成形を見て、これまで感じたことのない高揚感を覚えた自分は、あの時何かが変わった。


いつまでもファンでいちゃいかん、他人様をこういう気持ちにさせるような人間にならねば!と。
勿論、だからと言って、トランペッターを目指してたガキが、すぐさま具体的にどうこうは出来なかったが、漠然とあの時そう思ったのは確かだった。
その後の「ローラ」や「ヤングマン」等の大活躍は、西城秀樹のポテンシャルなら当然と思っていたので感慨深いものはなかった。
あの頃は西城秀樹やジュリー、1970年代のスターを見ていると、夢を見てる様な気分になれたものだ。クラスどころか学校にも近所にも絶対いない人達だから。


 1980年代に入ると、アイドルも親近感重視の傾向になった気がする。新御三家はアイドルというカテゴリーのせいか、なかなか歌唱やエンタメスキルが認められなかった時代・・。
あれだけ活躍しながら、だれもレコード大賞を取れていないし、当時の風潮もどこかミーハー歌手という感じだったし。だけどリアルタイムで西城秀樹を始め、あの時代のスターを知ってる者が感じた、この上ないこの胸のときめきはいつまでも忘れられないだろう。


 余談だが、ヒデキという有名人は西城秀樹以前は、東条英機と湯川秀樹だった。どこかお堅いイメージだったヒデキと言う名を、飛躍的にかっこいいイメージにしてくれた西城秀樹には、もういろいろ感謝しかない。心の底からありがとう!


 そう言えばデヴィッド・ボウイが亡くなった時、レッツダンスしか知らない灯りがノリで「デヴィットボウイありがとう!」とツイートしたのとは重みが違う感謝の意である。


にしても寂しいな・・・。 

青木秀樹

2018年5月19日土曜日

2018年8月19日(日)

【Shakin' All Over Vol.13】


場所:渋谷ラママ
チケット:前売2,800円+D
開場:18:00
開演:18:30
出演:The HIGH / LOVE ME DO

ご来場ありがとうございました。

SE Rock & Roll Honeymoon(Bay City Rollers)

セットリスト

1.Tell Me
2.LOVE  ME DO
3.I'm Crazy for you
4.Sunshine Love
5.ALL My Love
6.Angel Baby
7.愛の夜間飛行
8.この胸のときめきを
9.眠れぬロマンティック
10.Bye Bye Yesterday